いよいよ引っ越し。海外在住の場合ちょと面倒ー!!

20130319-003514.jpg
今晩は!引っ越し作業の後の送別会で乾杯しまくりで、ちょっと酔っ払い状態のmizugameotomeです🎶

前回引っ越しを沢山したという話をしましたが、国から国の移動は今回が4回目。
それも7年目という事でかなり忘れてたので、自分の思い出のためにブログに書くことにしました〜

少し長いですがお付き合い下さいませ♪

20130319-003941.jpg

国内引越しと違う点は何より引っ越し作業が2回行う事!

🚛国内の場合🚛

見積もり→引っ越し作業→搬入

簡単に言うとこうですねえ。

🚚海外の場合🚚

①見積もり→船便用引っ越し作業→搬入
②見積もり→エア便用引っ越し作業→搬入

となります。
出す日も入れる日ものも2回づつ別々の日。。。

何しろ引越しに出る荷物をエアか船で一回で運ぶには無理がある。
強引に船だけっていうところもありますが、、、

💡理由💡

🚢船で運ぶと大体現地につくまで一ヶ月かかる

一ヶ月も届かなくてもいい荷物なんてあんまりないよー。。
でも大量の荷物を安く安全に運べます( *`艸´)

🚀飛行機で運ぶには一週間で届く。

けど、重量制限があって乗り切らない

一週間くらいなら何とか待てる荷物ってありますよね〜!

飛行機の荷物は投げられるし扱いも雑。

壊れ物は絶対に無理です。

重量制限も一回で大体100キロ〜200キロが標準かと。
(段ボール10-15箱分かな)
もちろん制限なしで好きなだけという太っ腹さんもいますよ(*´∇`)ノ

20130319-010043.jpg

結局すぐ欲しい荷物は自分が飛行機に乗る時に持っていくしかない!多くても!!

何処かのお父さんがあまりの手荷物の多さにヤケクソで子供のランドセルをしょって飛行機に搭乗したとかしないとか、、、(笑)

分かりやすい流れのサイトを発見!

http://www.japanexpress.co.jp/hikkoshi/h_oversea/fllow.html

ジャパンエキスプレスさんのサイトから🎶
少し長いですが詳しいです( *`艸´)

🌸日本より海外への輸送について🌸

1、下見・打ち合わせ

前もって海外にお持ちになる品物(船便1・2便/航空便1・2便)と国内に残す品物(トランクルーム又はご実家への輸送分)の仕分けが完了されておりますことをお勧め致します。
ご注意:仕分けとは=別にお客様の手でその品物を移動する必要はございません。下見時にスタッフに口頭で伝えて頂ければ結構です。

2、材料のご手配
衣類などご自身で事前に梱包希望されるお客様には、ご希望の梱包資材・副資材をお届けしますのでお申し付けください。

3、梱包より引取
海外引越の専門作業員が家具・電気製品・食器・飾り物などあらゆる品物を安全に梱包のうえお引取致します。
又、ご実家・トランクルームへの梱包より搬送も同時に承っておりますのでお気軽にご相談・お申し付けください。

4、外装梱包
お客様よりお預かりした荷物は盗難・破損防止のため木箱梱包又はストレッチ梱包を施します。

5、輸出通関
お荷物の集荷時。当方で作成する『梱包明細書』並びに『パスポート写し』『お客様が搭乗される航空会社の搭乗予約証明書又は搭乗証明書』を税関に提出のうえ輸出許可を受けます。

6、輸送手段
海上用コンテナあるいは航空便用コンテナに積載・搭載のうえお客様の赴任都市に向けて輸送致します。

7、赴任地での到着案内と輸入通関手続き
お荷物が到着致しますと当社(又は代理店)より到着案内をさせて頂きます。
船便と航空便の到着に合わせて輸入通関に必要な書類をお預かりしたうえて、お客様に代わって輸入申告の手続きを致します。尚、詳しくは現地担当者よりご案内させて頂きます。

8、赴任地でのご配達

ご指定された日時に当社(又は代理店)スタッフ(一部地域を除く)により、全て開梱して各お部屋に搬入致します。又、残材は全てお引取致します。
尚、お荷物を搬入される前、特に家具類など大きな品物は事前にお部屋のレイアウト決めて頂いておくことをお勧め致します。

🌺海外より日本への輸送について🌺

1、赴任地での下見より梱包・引取
当社の支店(又は代理店)がお客様と打合せのうえ、熟練されたスタッフにより、下見より梱包・引取作業・書類作成まで一貫したサービスを提供させて頂きます。
尚、お客様よりお預かりした荷物はその国の現地事情もありますが盗難・破損事故防止のため木箱梱包・ストレッチ梱包を施します。

2、輸出通関

各国の通関事情にも異なりますが、通関関係書類を税関へ提出のうえ輸出許可申請を行います。

3、輸送手段
海上用コンテナあるいは航空便用コンテナに積載・搭載のうえ配達地に近い日本の港に輸送します。

4、お客様のご帰国
日本での到着空港の税関にて手荷物検査の際、『別送品申告』を行って頂き、その申告書とパスポート写しを弊社の『預かりカウンター』にお預け頂きます。

5、到着案内と配達日時の打合せ
お荷物が到着致しますと弊社スタッフより到着案内をさせて頂きます。
船便・航空便の到着に合わせてお客様と配達日時の打合せを行います。
尚、残置保管荷物、ご実家引き戻し荷物などのあるお客様には同時点で打合せさせて頂きます。

6、輸入通関
準備されて通関書類(別送申告書・パスポート写し・内容明細書)を税関に提出し、輸入申告を行います。
お荷物は税関検査場にて検査が行われ、検査終了後輸入許可となります。
ご注意:航空便・船便がある場合、同時通関は出来ませんのでご承知おきください。

7、ご配達
ご指定された日時に弊社スタッフによりご配達致します。
お荷物は全て開梱したうえで各お部屋へ搬入致します。又、残材はすべてお引取致します。
尚、お荷物搬入前、特に家具類など大きな品物は事前にお部屋のレイアウトを決めて頂くことをお勧め致します。

🚛🚚🚛🚚🚛🚚🚛🚚🚛🚚🚛🚚🚛

こんな感じ🎶

めっさめんどくさ!!(笑)
でもしなければー!!

一番面倒なのは

①引っ越し作業当日までにする荷物の仕分け。
船か飛行機か手荷物か。3種類に全てのものを分ける

頭の中がごちゃごちゃになってエアの分を船に入れちゃったり、逆もまたしかり、、、

ヽ( ̄ー ̄*)ノおてあげ。。。

②当日に書かされる大量のシッピングリスト

20130319-073431.jpg

こんな風に段ボールに入れた物一つ一つ細かく丁寧に書いて値段を付けます。
物の明細は引っ越し業者のスタッフさんがささっと記入してくれます🎶

だから私は値段をつけるだけなんですけどねえ〜

雑貨とかのカテゴリーは許されないのです、、、

ペン100本、、、いくらだ?
洋服20枚、、、んんんん。。

値段も高く書くとその分保険代が高くなる。
でも壊れて届くとやっぱり保険を適用して欲しいし、、、
ものすごーく悩みます!

このリスト荷物の量で何枚も何枚も!!!

今回は5枚で済みましたが、フィリピンから香港にきた時は荷物が大量過ぎて
30枚は書いた気が、、、

ヽ( ̄ー ̄*)ノおてあげ

でもこれさえ乗り越えれば後は楽チン🎶
後は家を掃除して日本に帰るだけ〜!

ご苦労様!引っ越し屋さん♥
ご苦労様!自分❤

流石にもう眠い、、
今日はこの辺でー!!

あ!最後に!
今日フォロワーさんに質問された費用の話。

日本ー香港の場合

👪家族4人で大体30-40万円位
🙇単身者で10万円位

かかりまーす!

それではお休みなさーいヽ(* `O´ *)ノファーーァ!

広告

いよいよ引っ越し。海外在住の場合ちょと面倒ー!!」への2件のフィードバック

  1. これは大変や!近所から近所の引っ越しでも大変やのに、あの荷物の多さご苦労様でした!お疲れ様でした!

    もうすぐ日本に帰ってこられんですね?

    戻られてからも、また片づけが待ってますね(^0^;)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中